2018年06月29日

卒業生来館!

少しUPするのが遅れてしまいましたが、
6/27水曜日に卒業生が来館しました。
「仕事が休みでたまたま近くに来たから」
ということでした。

1999年3月に卒業した新野俊介君。
なんと20年前の卒業生ですぴかぴか(新しい)

1530258647748.jpg
ブログ用の写真を撮らせてなんて当然言えず、
その年の卒業アルバムの表紙で許してください(笑)

私のイメージは高校時代で止まっていて、
羨ましいほどすらりとした
色白の優しい印象の彼のままでしたが、
現在は重機を扱う仕事をしているため
日焼けした筋骨隆々の38歳に変身・・・。
EXILEかと見紛う姿です…ほれぼれぴかぴか(新しい)
とにかくビックリしてしまいましたexclamation
女子校であった日立女子高から
男女共学の明秀日立となった
男子1期生です。
1999年から2018年にジャンプひらめき
当然、校舎も玄関も昇降口も職員室の位置も
あのころとは変わっています。
そして、図書館なんぞは彼が卒業してから
2度目の引っ越し先である(1度目は4号館4階)
1号館1階の現在ですから、思わず
「いや〜・・・変わりましたね〜」
と彼が感嘆するのもわかります。
そして、勿論教職員のメンツも・・・。
担任だった山本宗明先生は数年前に亡くなられて
もういらっしゃらないのだと聞いて、
涙ぐんでいました。
「図書館のカウンター前の大きい机のあたりで
騒いでて、よく先生に怒られましたよね。」
などという懐かしい?エピソードや
たくさんの図書館常連の子たちの名前が出ました。
あの頃の図書館は、1号館と2号館の境目の3階で、
教室にとても近く、生徒たちにとっては最高に
アクセスが良かったため、授業時間以外は
みんな図書館によく来ていたのです。
男子が入ってきた最初の年度の子たちだったから、
一人一人がとても印象的で、私もみんなを
とてもよく覚えています。
懐かしいなぁ・・・。
もう大人だから、「君づけ」もどうかと思いましたが、
話しているとやっぱりあの頃に戻ってしまいますね。
最後は、
「また来ます」
と言って変わらない笑顔で帰っていきました。

会えて嬉しかったなぁ。
元気そうでほんとなにより・・・。


時折、明秀にはこうして卒業生が遊びに来てくれます。
自分などは母校に遊びに行くなんて、
まったくありませんでしたが、
県立と違って、20年経ってもまだ私のように
残っている教職員がいるということは、
本校生はいつでも高校時代を思い出して
遊びに来られる・・・とも言えるのでしょうか。
これも私学の強みなのかなぁとも思います。

「卒業生が遊びにくる=本校の誇りぴかぴか(新しい)
だと、私は思っています。


卒業生のみんな〜
元気でやってますか〜ぴかぴか(新しい)手(パー)ぴかぴか(新しい)

posted by 明秀図書館 at 17:30| 司書のひとりごと