2018年06月15日

図書委員会動く!

久しぶりの更新です。
仕事が忙しいとブログが疎かになってしまいますたらーっ(汗)

昨日、朝の職員朝会で図書委員会執行部メンバーが
先生方に「本の寄贈」をお願いしました。

その理由は・・・。
5月16日のLunch Meetingに遡ります。
地理歴史科の永井先生に
「ツルハシブックス・西田卓司さんの活動」が
紹介された動画を図書委員みんなで見せて頂いたことは
ブログにも書きました。

その後、図書委員メンバーの言葉、
「私たちも文化祭で西田さんの“ハックツ”を
やってみたい」を引き金に、突如この計画は
動き出したのです。

“ハックツ”ってなに?
と疑問が湧きますよね。

ご紹介します。
動画で紹介されていたのは、新潟市内野の不思議な本屋さん
「ツルハシブックス」さんのユニークな活動。
代表は、西田卓司さんという笑顔のすてきな方です。
普通の書店と違い、新刊が並ぶばかりではない書店。
では古書店なのか?いえ、そうともいえない様子です。
でもお客さんは全国から集まってくるそうです。
そのツルハシブックスさんの目玉企画が“ハックツ”です。
“ハックツ”の場所は、ツルハシブックスさんのお店の
真っ暗な地下室…。10代、20代の若者のみ入れる限定空間。
懐中電灯を片手に地下に入ると、そこには大人たちから
寄贈された本が、メッセージ付きで並んでいます。
メッセージをたよりにその時の悩みや想いにあった本を
見つける・・・それが“ハックツ”という企画です。
ハックツした若者から贈られたメッセージもあり、
本を贈った大人と、受け取った若者。一度も顔を
合わせたことのないお互いのコミュニケーション
の足跡が残ります。
誰かが「読んで欲しい」と思った本を、メッセージを
手掛かりに探す。
普通では出会えない本との出会いを経験できる・・・
それが、代表の西田卓司さんによって作られた
「ツルハシブックス」の企画なのです。

この企画に、心惹かれてしまった本校の図書委員メンバー。
文化祭で実施するには時間もないし、
クラス企画に参加したい委員もいるので
「やれる委員だけでやろう!」と阿部委員長を中心に、
メンバーが集結しました。

打ち合わせは昼休み。
食事をしてからではあまり時間がとれないので、
1527482259531.jpg
ランチミーティングを何度か繰り返し、
1528763462350.jpg

6月22〜23日の本校の文化祭である「晃燿祭」に
実施してみようということになりました。

6月5日、6日には、本物ぴかぴか(新しい)の西田卓司さんを
お招きしての会を開きました。

1528763542758.jpg
赤いシャツを着ておられるのが西田卓司さんです。
「ツルハシブックス」での素敵な活動が何度もマスコミで
取り上げられ、テレビにも出演されているすごい方なのに
とても気さくで穏やかな雰囲気を醸し出してらしてました。
1528763502090.jpg
Lunch Meetingの形をとり、西田さんを囲む会。
1528763493744.jpg
永井先生もにこやか(ビックリ)・・・。
1528763473191.jpg
国語科のホープ、杉田先生も参加!

2日間にわたり、いろいろなお話をお聞き出来ました。

西田さん、ありがとうございました。
大変お世話になりました。



その後、文化祭での企画書を書いたり、
図書委員会全員を集めて、本の寄贈を呼び掛けたりと
時間のない中で準備を進めています。

以上のような経緯をたどり、ブログ冒頭の、
「先生方への寄贈呼びかけ」となりました。

ありがたいことに、一番最初の寄贈は
矢野校長先生からです。
どのような本かは内緒とします。
当日、会場に並べさせていただきますので
来場された方はぜひハックツしてくださいぴかぴか(新しい)

長くなってしまいましたが、
図書委員長をはじめ、委員のみんなは常に頑張ってパンチいます。
いい子たちですかわいい
図書委員会の活躍をぜひ応援してくださいませグッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)






posted by 明秀図書館 at 17:32| 図書委員会情報