2017年11月17日

除籍作業について

図書委員会のいろいろや新刊の受け入れやらと並行して、
除籍作業を続けています。

「除籍する」「本を捨てる」と言葉だけだと簡単そうですが、
その手続きは結構手間がかかります。

購入してきた本は、今ではもちろんコンピュータに入力してますが、
古い本は入力されていないため、図書原簿とのすり合わせが
必要になってきます。

1510881503973.jpg

昭和32年から脈々と受け継がれてきた図書原簿です。

1510881466332.jpg

古い本のラベルを見ながら、除籍する本のリストを作り、
そのリストと図書原簿を確認しながら、今度は原簿に除籍印を押し
除籍番号を記入します。

1510881511494.jpg

今日までで8000冊に届く除籍作業。

本を司る職業である私はやはり本そのものを大切に思ってきました。
だから、除籍するにあたって、長い間、生徒たちのために頑張ってきた
本たちに向かって「お疲れ様」という気持ちで見送っています。

ちょっとセンチメンタルですね(笑)わーい(嬉しい顔)









posted by 明秀図書館 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 司書のひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181600848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック