2017年11月08日

第19回図書館総合展へ

昨日、7日は本校図書館から離れ、「第19回図書館総合展」(11/7~9)が
開催されている横浜へ出張してきました。

1510122084778.jpg

「図書館総合展は、2017年で第19回目を数える図書館関連で国内最大のイベントです。
図書館運営者・関連業界とコンタクトをもつのに最大かつ最良の機会であるだけでなく、
読書・学習・研究環境についての最新技術と知見が一堂に会する場でもあります。」
(図書館総合展HPより)

会場はパシフィコ横浜。
パシフィコ横浜.jpg

図書館に様々な役割を!ということで、本校の図書館をどう発展させるか
最新の図書館事情はどうなっているのか参加・見学してきました。

図書館管理ソフトや電子書籍などなどたくさんの「最新」をみて、
驚かされました。
また、参加したフォーラムでは、京都大学の米澤先生が
「アクティブラーニング最前線 
  30 のパターンで読み解く新しいラーニングコモンズの姿
       ──利用者が生き生きと学ぶ図書館のデザイン──」
を講演され、“学びの場”としての図書館をどうデザインするかを
研修しました。
本校でもこのようにできればと参考になること満載で、
校内では絶対に学べない、有意義なお話がたくさん聴けたと
思っています。こういった研修はやはり大切ですね。

展示の方法やイベント企画の仕方等、図書館実務でも
参考になるブースやコーナーもありました。

1510112588308.jpg

1510114077813.jpg

1510112595049.jpg

この催しものは、3日間開催されていて、私が参加した7日だけで
入場者数は1万人を超えていました。1日だけでは回り切れなかったので
本当なら3日間かけて回りたかったなぁとちょっと残念な気持ちで
会場をあとにしました。



posted by 明秀図書館 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館のあれこれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181518432
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック